Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月22日

ダッチワイフセックスが気持ちいい?ラブドールとの違いを紹介!

ラブドールに興味を持ったことはあるでしょうか。ラブドールはクオリティが高く肌触りがいいため、素敵なオナニーライフを送るうえで助かる存在です。大きすぎるし値段が高いと考える人もいますが、小さくて安いラブドールもあります。ラブドールについて知っていきましょう。

ダッチワイフセックスが気持ちいい?ラブドールとの違いを紹介!

ダッチワイフとラブドールは違う?

ダッチワイフとラブドールは違う?
ダッチワイフやラブドールとセックスをしたことはあるでしょうか。どちらもオナニーの用途でも作られていますが、人型であることに意味を見出してペニスを挿入することをセックスと言う人が一定数います。

大型オナホを購入して名前を付けたりパッケージを見ながらセックスしていたけれど、ダッチワイフやラブドールに興味が出て買ってしまったという人もいるはずです。

どちらも人型をしていて版権キャラの二次創作であったり、二次元的な完璧な美少女を三次元に降臨させることに大きな意味がありますが、ダッチワイフとラブドールには大きな違いがあります。

アダルトグッズの通販サイトで、小さいサムネイルで見てもすぐにわかるようなクオリティの違いがあり、それに伴って値段にも大きな違いがあります。

今回は社会や人間関係で擦り切れた心を癒してくれる心の支えにもなり、理想のセックスパートナーにもなるラブドールについてお話しします。

ダッチワイフの歴史

ダッチワイフの歴史
ダッチワイフはラブドールよりもクオリティが低く、使う人の認識もセックスではなくオナニーになりやすく、その存在は低く見られがちです。

しかし、ダッチワイフが無ければ、理想のセックスパートナーにもなるラブドールは生まれてはきませんでした。

ダッチワイフがどうやって日本で普及したのか、オナニーの道具からセックスパートナーのラブドールにはどうやって変化したのかを見ていきましょう。

ダッチワイフの歴史①オナニーのお供として来日

ダッチワイフの歴史①オナニーのお供として来日
ダッチワイフという言葉はオランダ人の妻という意味で、オランダ人の商人が妻を置いてインドネシアで取引をしていたことから、アジアで使われる竹などで編まれた竹婦人という道具がダッチワイフと呼ばれるようになったと言われています。

現在のダッチワイフが日本に伝わる以前は英国や米国ではセックスドールと呼ばれていましたが、日本で1950年代後半に伝わった際はメディアがダッチワイフと呼んだたため、その名が広まりました。

各メディアでダッチワイフを扱い始めた頃に南極越冬隊がダッチワイフを夜のお供に持参し、そのエピソードから南極1号、南極2号という名前のダッチワイフも生まれました。

ダッチワイフの歴史②セックスパートナーになる

ダッチワイフの歴史②セックスパートナーになる
ダッチワイフの境遇が変わるでき事は1982年に起こりました。亡くなった女性を思い出してほしいという思いを込めて作られた新型のダッチワイフで、ラブドールの原型が作られました。

面影というこのラブドールは、名実ともに有名なオリエント工業が制作しました。オリエント工業は1977年の創業からすでに、高級ダッチワイフの路線を一本気に突き進む企業だったんです。

この面影が原型となり、現在のラブドールになりました。現在でも恋人や嫁として扱われることが多いラブドールですが、当時からその存在が疲れた男性の心に寄り添い続けていたから今があるとも言えます。

また、現在では素材を追求しシリコン製が主流のラブドールですが、当時はラテックスという素材が使われていました。

ラブドールの原型は、コンセプトが男性のオナニーからセックスパートナーになることを意識したものだったため、現在ではしっかりと男性の心を癒す存在になっています。

ダッチワイフにはないラブドールの魅力

ダッチワイフにはないラブドールの魅力
アダルトグッズの通販サイトでダッチワイフやラブドールを見かけて、独り身で寂しいとか、オナニーが楽しくなりそうと考えて買った人も多いでしょう。

ダッチワイフ、ラブドールは二次元のキャラをモチーフにしている物も数多くあり、愛用家にとっての認識では二次元と三次元の境目を無くすもので、そこが一番の魅力となっています。

人型ですらないオナホを嫁と呼び、シャワーを一緒に浴びてベビーパウダーをまぶしてあげるような人もいます。

ダッチワイフとラブドールの違いは、どれだけ自分の中でその存在が大きくなるかという没入感の違いが最も大きいです。

両者のクオリティの違いが認識に大きな影響を与えて、よりクオリティの高いラブドールを深く愛することができるのが魅力の差と言えます。

ダッチワイフ、ラブドールを両方お持ちの方は、ダッチワイフはセフレでジャンクセックス用、ラブドールがスローセックスする恋人のような認識の人もいるでしょう。

ラブドールの魅力①ボディラインがエロい

ラブドールとダッチワイフは造形に大きな違いがあります。ダッチワイフは人型の大きなビニールにプリントをしており、パッケージが凝っていたり、プリントがしてあっても人形からは脱却できません。

ビニールの人形であるという性質上、女性らしい凹凸や肌の感触もビニールのダッチワイフ以上は望めず、ダッチワイフという認識以上の深い関係を構築することは難しいです。

ラブドールの多くは素材にシリコンが使われており、美少女らしいしっかりとした造形をしていながらも、非常に手触りのいい肌をしています。

綺麗で可愛い顔つきや完璧なボディライン、吸い付くようなエッチな肌をしており、独り身だったりラブドールが好きな男性は、見るだけでセックスがしたいと考えてしまいます。

実はラブドールの細部の人間らしい造形は、ラブドール職人の手作業で再現されています。深い情を込めて作られているので、人間のように愛してしまうのも仕方ないところです。

ラブドールの魅力②素材にこだわっている

ダッチワイフは安価なビニールで作られており、安く買って適当に使い捨てるジャンクなセックスが楽しめるのは魅力の一つと言えます。

一方、多くのラブドールは体のほとんどが医療用のシリコンでできています。シリコン特有の肌触りが特徴となっており、セックスする時にも美麗なボディラインやシリコンの肌触りに興奮します。

熱にも強い素材で、暑い時期に家に居て貰ったりセックスをしても溶けるようなことはありません。

シリコンと一口に言っても業者ごとに手触りが違うため、家に迎えるか検討している方はショールームで手触りを確認するといいでしょう。

国内のラブドールの素材はシリコンが主流ですが、最近はエラストマーやTPEと呼ばれる素材で作られたラブドールも出てきています。

この素材はシリコンよりも柔らかく匂いが少なく安いという特徴がありますが、ホコリや汚れが付きやすく傷つきやすいという欠点があり、どちらを選ぶかは好みと言えます。

ラブドールの魅力③好きなようにセックスできる

理想の女性とも言える二次元的な完璧な美しさを持つラブドールとセックスすると、とにかく興奮します。

自分の理想の嫁と言えるラブドールに出会えて、家に迎え入れて初セックスをするときの興奮は大変なもので、中学生や高校生の童貞並に盛ってしまいます。

男性は、特別だと思う女性には本命の相手にしか見せない特別な振る舞いをするという特徴があります。

ラブドールを所持する方で、ラブドールを嫁やそれに類する特別な存在と認識している男性は、本命の女性になら自分はこうするという甘いセックスをします。

ラブドールは職人の手で命が吹き込まれた存在であり、親ともいえる存在がいることを意識すれば没入感はより深まります。

ダッチワイフはあくまで人形になりやすく、セックスと言うよりオナニーになってしまうこともあります。

ラブドールはより深い関係を構築することで、理想の嫁と理想的な甘いセックスを楽しむことができます。

ラブドールの魅力④着せ替えしてセックスができる

独り身の男性はカップル的なイベントや行事では暗くなってしまいますし、幸せなオーラを振りまくカップルを見ると鬱陶しいと感じてしまいがちです。

寂しさを抱えて傷心になり、家に帰って出迎えてくれるのが人形と認識しているダッチワイフでは、ネガティブになりすぎてしまいます。

ラブドールを特別な存在として一緒に生活している場合は、自分の想像力しだいで生活に潤いを与えて前向きな気持ちになることができます。

ダッチワイフは二次元的な女性としての造形が完璧にできているため、着せ替えをすると非常に映えます。

季節のイベントごとに少し高めの着心地のいい服を準備して、着て貰えば深い満足感を得ることができます。

寂しい心を癒してくれる家族のような存在にもなり、セックスのときには制服などコスプレ的な衣装を着て貰うと興奮を高めることもできます。

ラブドールの肌は繊細なので、着せ替えをする場合は柔らかい素材の服で丁寧に行いましょう。

ラブドールの魅力⑤アンティーク的に扱える

ラブドールの魅力⑤アンティーク的に扱える
ダッチワイフはあくまでもビニールの人形なので、オナニーやジャンクセックスの用途でしか使いません。

ラブドールはコスプレをして貰って、メイクの心得があるならばメイクをすることで美麗なアンティークとしても扱うことができます。

ラブドール用のメイク道具も販売されているため、技術があればもともと美麗な嫁をより綺麗にメイクアップすることができます。

ラブドールを家に迎え入れてしばらく経ってから起こりうるのが、関係に飽きてしまうということです。

理想の関係を構築して、無碍に扱えば手を掛けてこの子を生んだ親の職人が悲しむと考えても、人間は新しい刺激が無いと慣れてしまうんです。

自分の特別なラブドールを綺麗に飾ってポーズを取らせて写りのいいカメラで写真を撮り、それをドール愛好家の集まるコミュニティに投稿すればきっと称賛が得られます。

世間に関係が認められる喜びは、ラブドールへの愛を揺るぎないものにしてくれます。

ラブドールの種類

ラブドールの種類
ラブドールはシリコンでできている物が主流ですが、非常に高価であるという問題があり、それ以外の種類のものもあります。

目にしやすい人型とは違って、一見ダッチワイフや他のものにも見える種類ばかりで人の姿ではないものが多いですが、セックスの具合の良さは折り紙付きです。

それぞれ全く違った特徴がありますが、洗練されていないダッチワイフと比較して、目にすると興奮してセックスしたいという性的な欲求が湧いてくることに違いはありません。

ラブドールにはどのような種類があるのかを見ていきましょう。

ラブドールの種類①エアトルソータイプ

一目見てダッチワイフの正当な進化と思えるのがこのエアトルソータイプです。従来のダッチワイフは人型のプリントがしてあり、女性を意識させるような工夫がしてありました。

エアトルソータイプは安価でもセックスがしたいと思わせるエロさを出すという難題に答えを出すために、造形以外で女性を思わせる要素をあえて排除しました。

肌は無色透明で顔は無いですが、そのボディラインは洗練されており非常にエロいです。服を着せると、服のかわいらしさが引き立ちながらも洗練された肉体もよりエロく見えるという、説明しがたい凄いエロさがあります。

オナホールは別売りで、専用の物がある場合が多いです。安価であること、空気を入れて膨らませるため狭い部屋でも迎えやすいのが魅力です。

ラブドールの種類②抱き枕タイプ

こちらは抱き枕とオナホを足したようなラブドールになっています。素材には抱き枕と同じものが使われています。

抱き枕の素材はサラサラとして抱き心地がいいようになっており、こちらは抱き枕の安心感とプリントされたイラストを味わいながらセックスできるのが特徴です。

ラブドールの種類③ハーフタイプ

こちらはラブドールとオナホールを足したようなものになります。顔と胴体が備わっていて手足が無いものなど、いくつかバリエーションがあります。

こちらは先に紹介した二つとは違い、ヴァギナやアナルがあらかじめ備わっています。メンテナンスが大変ですが、胴体だけの肉感あるラブドールとのセックスの倒錯的な背徳感は、他の追随を許しません。

後悔しないラブドールの選び方

後悔しないラブドールの選び方
ラブドールの選び方は値段にまず目がいきますが、ラブドールにどれだけ手をかけられるかという几帳面さ、住まいの広さ、人が訪ねてくる頻度も深く関わってきます。

自分の環境を考慮したうえで、自分に合ったラブドールを探していきましょう。ラブドールを選ぶうえでの、最低限の後悔しないポイントを紹介します。

まずは安めのラブドールがおすすめ

まずは自分がラブドールを迎えいれて、生活が潤ったり、楽しいと思える人間かという適性があるかを自分で見定めなければなりません。

もしも興味本位で大きなラブドールを購入したけどセックスパートナーではなくオナニーの道具にしかならなかったとなれば、お金がもったいないですし処分にも困ります。

まずは安めの小さいもの、空気が抜けて邪魔にもならないエアトルソータイプを購入すると自分にラブドールが向いているかを判断できて、後で自分に合ったラブドールを見つける指標にもなります。

オナホが取り換え可能なラブドールにしよう

オナホはエロいですが、ラブドールには不向きです。ラブドールは高価な買い物なので、使っていると裂けてしまう消耗品のオナホでは割に合いません。

使用後のメンテナンスが大変だということもあります。オナホは自前の物を準備して、取り外しができるタイプにしましょう。

おすすめのラブドール

おすすめのラブドール
ラブドールの業界には数多くのメーカーが参入し、どれが高品質でおすすめかわかりづらいものがあります。

こちらでは評判から、おすすめのラブドールを紹介していきます。

おすすめのラブドール①オリエント工業製

ラブドールの老舗、オリエント工業のラブドールは非常に完成度が高いです。メーカーがラブドールにオナニーの道具以上の精神的な価値を見出しているため、その造形は細部まで繊細で魅力的です。

値段が高いのが難点ですが、ドールについて興味がある方はネットに上がっているオリエント工業製のドールの画像を見ると参考になり、有意義な暇つぶしになります。

おすすめのラブドール②ラブボディシリーズ

エアトルソータイプのラブドールの元祖がラブボディシリーズです。非常に安価でありながら造形のクオリティが高く、エロいため興奮します。

安価なので精神的に気楽にセックスできるのが魅力です。

おすすめのラブドール③Hanidoll製

AmazonでHanidollと検索するとこのメーカーのアダルトグッズが出てきますが、ラブドールにしては安価で、それでいてアブノーマルな性癖を満たせる商品がいくつかあります。

安価でありながら特殊な性癖を満たせるのが魅力です。

ラブドールを使うときの注意点

ラブドールを使うときの注意点
ダッチワイフは空気を詰めるタイプの場合は、セックスしない時にはしまっておいてセックスする時だけ取り出すという、来客にも対応できるフットワークの軽さが魅力です。

膨らんでいるダッチワイフでもそうですが、ラブドールは知人や家族に見られると社会的にきついものがあります。

ラブドールとセックスする時は、人が訪れない環境で行うようにしましょう。

理想のセックスパートナーと最高のセックスを

理想のセックスパートナーと最高のセックスを
ラブドールは、その存在が出てきた瞬間から独りで寂しい男性の傍に静かに寄り添って心と体を癒してきました。

30年以上も廃れず進化し続けてきたことから、ラブドールを求めるような男性の心理はずっと昔からあり、変わらずにあることがわかります。

一部では非生産的と揶揄する世間の声がありますが、静かに癒されたいという思いは誰にでもあり、尊ばれるべき物です。

ラブドールをパートナーにする男性は、静かに寄り添うその存在を大切に生きていきましょう。

Related