Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月22日

オナニーはやりすぎ禁物?精子を出しすぎると危険な理由とは

男性の皆さんはオナニーがお好きでしょうか。オナニーに精が出すぎて、一回で何度も精子を出す人もいることでしょう。しかし、オナニーの回数が増えると生活サイクルが乱れたり、男女の関係が悪化するなどの危険が出てきます。射精しすぎるために起きる危険を知っておきましょう。

オナニーはやりすぎ禁物?精子を出しすぎると危険な理由とは

何度も精子を出したくなってしまう

何度も精子を出したくなってしまう
オナニーで精子を出すのはとても気持ちがいいもの。オナニーが大好きで日課になっていて、生活サイクルにオナニーが組み込まれているとどうしてもオナニーの回数が多くなります。

誰にも邪魔されることなくチンポをいじって、それなりの回数をこなしたチンポをいじっているだけでも気持ちがいいんです。

しかし、ちょっとした空き時間にオナニーを楽しむようになるとオナニーで精子を出しすぎてしまいがちです。

オナニー自体は回数を守ってやれば肉体的にとても気持ちがよく、精神的にスーッと効いて素晴らしいものになります。

しかし、オナニーをやりすぎることでチンポに、そして人間関係的に大変なことになってしまう恐れがあります。

オナニーをちょっとしたスキマ時間でやりたくなる理由、やりすぎることで起こるさまざまな弊害を一緒に見ていきましょう。

何度もオナニーで精子を出したくなる理由

何度もオナニーで精子を出したくなる理由
オナニーで精子を出しすぎてしまう原因は、肉体的な理由や精神的な理由が複雑に絡んでおりはっきりとは明言できません。

その男性ごとの生活のサイクルやオナニーのやり方が絡んでいるため、オナニーで精子を出しすぎてしまう原因はさまざまです。

しかし、ある程度原因を絞って、自分にとってはどんなことがオナニーをしたいという気持ちの原因になっているのかを探ることはできます。

男性がオナニーをして精子を出しすぎてしまう肉体的、精神的な理由をおおまかに見ていきましょう。

何度も精子を出したい①ストレス

何度も精子を出したい①ストレス
オナニーをしすぎてしまうのは、ストレスが大きく関わっています。人はストレスが溜まると貧乏ゆすりなどが出て、無意識に出たそれに気づいてストレスを発散させようとします。

煙草を吸っているならば煙草を吸いますし、お酒を愛飲しているならばお酒を飲みます。オナニーも同様で、オナニーの快楽はストレスを大きく和らげてくれます。

そのため、ストレスを抱えてオナニーの喜びを知っている人はストレスを感じると、気持ちよさを求めて、ついオナニーをやりすぎて精子を出しすぎてしまいます。

何度も精子を出したい②オナニー中毒

オナニーは快楽が大きく、ストレスを無くしてくれるので中毒性があります。オナニーの魅力に取りつかれてしまうと、他のことが目に入らなくなりひたすら快楽を求めるオナニー中毒になってしまいます。

他のことは目に入らずオナニーで気持ちよくなるために行動してしまうので、本来やらなければいけないことを後回しにしたり、生活サイクルが大きく乱れてしまい、精子を出しすぎてしまいがちです。

何度も精子を出したい③質の高い射精をしていない

オナニーをやりすぎて精子を出しすぎてしまうのは、性欲が強く、オナニーをしても物足りないのでもうちょっとしたいと考えてしまうのが原因になっていることもあります。

オナニーは精子を出す事ではなく快楽が目当ての行為になっているため、快楽が浅いオナニーだと不完全燃焼感がでて何度もオナニーをしてしまいます。

一回一回は少ない射精でも、精子も積もればという奴で、回数をこなすと結果的に精子を出しすぎてしまうことになります。

オナニーは何回か出してからが本番という人もいますが、回数をこなしたペニスは敏感になり、ある程度の回数オナニーをすると逆にイキやすくなるという理由もありオナニーで精子を出しすぎてしまいがちです。

精子を出しすぎると危険な理由

精子を出しすぎると危険な理由
オナニーの魅力に取りつかれてしまった人は、オナニーを突き詰めるようにもなってしまい思考がオナニー中心になってしまいがちです。

オナニーは男性にとって非常に気持ちがいいですし、適度にやれば精神的にもいい効果があるためオナニーは本当に素晴らしいものになります。

しかし、オナニーは大きな快楽を与えてくれるため、どうしても回数をこなして精子を出しすぎてしまいますし、より深い快楽を得るための方法を探してしまいがちです。

オナニーで精子を出しすぎることで起こる危険を知っておけば、オナニーはただ気持ちがいい行為から、正しく行えば自分の肉体、精神にいい効果を与える行為という認識に変わります。

本来は素敵なはずのオナニーで自分に害を与えないために、精子を出しすぎることで起こる危険性を正しく知っておきましょう。

精子を出しすぎると危険①射精障害

精子を出しすぎると危険①射精障害
最近問題になっているのが、女性のオマンコでイケない男性が増えていることです。女性が好きだし普通に興奮してセックスもできるけど、射精ができないんです。

オマンコでイクことができないと言うのは、女性にとってはオマンコの具合がよくないと捉えられてしまい関係が悪化してしまいます。

オナニーの快楽を知りすぎてしまうと、自分で快楽の強さを調節できて気持ちいいポイントを刺激できるオナニー以外ではイケなくなってしまう危険があるんです。

オナニーで精子を出しすぎてしまうと、結果的に好きな人との夜の生活ができなくなる恐れがあります。

精子を出しすぎると危険②他のことが手に付かない

オナニーは快楽が非常に強いため、中毒性があります。オナニーの快楽に支配されてしまうと視野が狭くなって他のことが目に入らなくなり、やらなければいけないことでも手に付かなくなってしまいがちです。

オナニーは気持ちがよくてついチンポに手が伸びてしまいますが、オナニーで精子を出しすぎてしまうと生活がオナニーで大きく乱れてしまいます。

精子を出しすぎると危険③男性ホルモンの過剰分泌

オナニーの回数をこなすと、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。男なんだしドンドン出した方がいいのでは?と思うところですが、男性ホルモンが出すぎると女性に嫌われる要因が出てきます。

オナニーで精子を出しすぎて男性ホルモンが過剰に出ると、体毛が濃くなる、体臭がきつくなる、禿げる、ニキビが出るという可能性があります。

どれも女性に嫌われる原因になってしまい、オナニーで精子を出しすぎると男女の関係の障害になってしまいます。

精子を出しすぎると危険④精子の量が減る

男性がオナニーで射精をすると、精子の量が一時的に減ってしまいます。この減った精子が回復するまでには2、3日時間がかかります。

オナニーで精子を出しすぎる生活を送っていると、常に金玉に精子が足りない状態になります。これが長い間続くと精子の数が減って、妊娠させることが難しくなるそうです。

また、射精では栄養も少し吐き出しているのですが、この中には亜鉛も入っています。亜鉛はチンポの勃起力や精子の量に影響し、抜け毛や肌荒れにも影響します。

精子を出しすぎると夜の生活やルックスに悪い影響が出て、女性が離れる原因になります。

精子を出しすぎると危険⑤命の危険がある

テクノブレイクという死因があります。オナニーをしていると心臓に負担がかかって死んでしまうという恐怖のオナニー死です。

近年、このテクノブレイクの死亡者が増加しています。オナニーでより強い快楽を得るための知識や道具が充実してきましたが、これがオナニー中毒の男性には命を縮めることになってしまったんです。

オナニーで精子を出しすぎることで、なによりも命を失う危険があります。

節度のあるオナニーで人生を楽しくしよう

節度のあるオナニーで人生を楽しくしよう
オナニーは非常に快楽が強く、つい快楽を求めて何度もチンポをいじってしまいがちです。しかし、何度もオナニーをしすぎるのはさまざまな危険があります。

一回の快楽を極限まで追求するなどで、精子の出しすぎによる危険を回避しながらオナニーを楽しむことが可能です。

オナニーを楽しみながら人生も楽しめるよう、危険のないオナニーをしていきましょう。

Related