Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月28日

手マンは痛い⁈女性にとって気持ちいい手マンのテクニックとは

あなたの手マンは間違っていませんか?しっかりと女性を気持ちいいと感じさせていますか?男性の手マンテクニックや考え方は間違いだらけです。しっかりと女性が感じる手マンテクニックを身につけて、女性が本当に気持ちいい手マンをしてあげましょう。

手マンは痛い⁈女性にとって気持ちいい手マンのテクニックとは

手マン=痛いと感じている女性が多数?

手マン=痛いと感じている女性が多数?
男性は手マンは激しくすれば良いと考えている人が多いです。しかし、激しくするだけでは女性は痛みを感じるだけで気持ちよくありません。もちろん感じている女性もいますが、激しくする男性が多いことで、女性の中では手マンは痛いものと感じられてしまっています。

こう考えてしまうのは男性がとにかく激しくすれば良いと考えてしまっているからです。女性を喜ばすにはそれなりのテクニックをマスターしなければいけません。

気持ちいい手マンの下準備

気持ちいい手マンの下準備
気持ちいい手マンをしてあげるには下準備が必要です。ただ手マンテクニックを磨くだけではなく気持ちいいと感じさせる手マンはできません。手マンに対しての下準備は言うならば女性に対するマナーでもあります。

まずはそのマナーからしっかり学ぶことが重要です。しっかりとマナーを見につけて女性を喜ばせてあげましょう。マナーをしっかりするだけでできる男に見えるのもメリットです。

手マンの下準備①爪は“超”短く

女性が手マンを痛いもの、怖いものと感じてしまうのは膣内が傷ついてしまう恐れがあるからです。膣内を傷つける一番の原因は男性の爪にあります。爪が伸びている状態で手マンをしてしまえば気持ちいいと感じる前に恐怖の方が大きくなります。

爪はこれでもかという位に切っておきましょう。手のひらから見て爪が出ているだけでもアウトです。深爪するレベルで切っておくと、女性は安心してくれます。

手マンの下準備②上半身の愛撫で感じさせる

手マンの下準備②上半身の愛撫で感じさせる
手マンが痛みに変わってしまう原因の2つ目は濡れていないのに手マンしてしまうからです。濡れていなければまず気持ちいいと感じさせることはできません。しっかりと濡らすには上半身からの愛撫が必要です。

いきなり下半身を攻めるのではなく、上半身の愛撫で気持ちいいと感じさせることでどんどん濡れてきます。ヌルヌルになってから指を入れることで痛みはなくなります。

女性が気持ちいい手マンテクニック

女性が気持ちいい手マンテクニック
女性が気持ちいい手マンテクニックとは一体どんなテクニックなのか?これこそ男性の知りたい部分でしょう。ただ、このテクニックも1つではありません。いくつものテクニックを応用して使ってください。

いくつものテクニックを身につければ確実に気持ちいいと感じさせる手マンができるようになります。しかし、参考書を見るかのようにやってしまっては雰囲気が崩れるので、少しずつ慣れて自然とできるようになるのが一番です。

気持ちいい手マン①マンコの周りをほぐす

手マンというと膣内へ指を挿入することを考えてしまいがちですが、いきなり膣内へ指を挿入するのは気持ちいいと感じさせることができません。まずはマンコの周りをマッサージしてあげてください。

女性はマンコの周りをマッサージされるだけでも感じて濡れてきます。ゆっくりとマッサージすることで感度もあがってきて、指を挿入した時に気持ちいいと感じやすくなります。

気持ちいい手マン②指1本から挿入

何本もの指を挿入して激しくかきまわすというのは男性の間違った知識です。指は何本も挿入するのではなく、まずは1本から挿入していきます。1本挿入して慣れてきたところで何本も指を入れるから気持ちいいのであって、最初から多くの本数はキツイだけです。

コツとしては指1本で挿入した後に膣内を広げるように手マンしてあげるのが良いでしょう。実際に膣内は広がっていくので、本数を増やしやすくなります。

気持ちいい手マン③最初は第一関節まで

いきなり奥まで指を入れてしまうと快感から痛みに変わってしまうので、まだそこまで濡れていないうちは第一関節あたりまでにしましょう。第一関節まで入れ、指先だけを動かすだけでも女性は感じてくれます。

グリグリと動かすのではなく、ピクピクさせるように上下に動かすのがポイントです。また、どれだけ濡れてきてもそれで焦らすテクニックも応用として使えます。

気持ちいい手マン④手の平でクリトリスも触る

女性は膣内よりもクリトリスの方が感度が高いのでクリトリスもしっかり触ってあげてください。クリトリス単体で触るのも良いですが、膣内に指を入れながら指の付け根あたりでクリトリスに触れてあげると感じやすいです。

実質2箇所を同時に攻めていることになるので、気持ちいいこと間違いありません。中には感じすぎて嫌がる女性もいるので、そういう女性にはゆっくりとしてあげましょう。

気持ちいい手マン⑤音を聞かせる

女性は男性よりも雰囲気やシチュエーションによって気持ちいいと感じやすいです。マンコが濡れてきたら、ゆっくりと掻き回してマンコの音を聞かせてあげましょう。自分の濡れてる音を聞かされることで恥じらいも混じって感度が上がります。

ただここでも音を聞かせようとして激しくするのはNGです。激しく動かして音を聞かせるのはAVなどではよくありますが、AVはわざと激しく見せています。

手マンの注意点

手マンの注意点
テクニックを使った気持ちいい手マン方法も大事ですが、注意点もあります。手マンでしっかり感じさせるにはテクニックよりも注意点を優先してください。

女性が気持ちいいと感じるにはまず不安を取り除いてあげなければいけません。注意点を守り、不安を取り除くことでやっと気持ちいいと感じる第一歩です。

注意点①必要以上に長くしない

気持ちいいと感じさせようと頑張りたい気持ちはわかりますが、だからと言って必要以上に手マンに時間をかけすぎないようにしてください。あまり長くしすぎてしまうとマンコが乾いてきて痛みに変わってしまいます。

あくまで手マンは前戯であって手マンがメインではないということを忘れないようにしましょう。女性が入れて欲しいと言ったら手マンは辞めて本番をしてあげてください。

注意点②気持ちいいか聞かない

努力をしたらその分結果とした表れてほしくなります。手マンに関しても、テクニックを学んだら気持ちいいかどうか気になってしまうでしょう。しかし、そこで気持ちいいか聞いてしまうのは男性としてNGです。

もちろん恋人同士のセックスで気持ちいいかどうか聞くのは悪いことはではありませんが、必要以上に何回も確認するかのように聞いてしまうのは雰囲気を台なしにしてしまうのでやめましょう。あまりに聞きすぎると女性のテンションが下がります。

手マンは女性を感じさせるもの

手マンは女性を感じさせるもの
多くの男性は手マンを女性を感じさせるものではなく、知らないうちに自分の自己満足になってしまっていることが多いです。自分のテクニックを誇示したくなってしまったり、女性を感じさせている自分に酔ってしまっています。

あくまで手マンは女性を感じさせるもの、その後のセックスをより興奮させる行為です。その意識さえ忘れなければ気持ちいいと感じさせられる手マンができるでしょう。

Related