Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月30日

気持ちいいお風呂セックスのやり方とは?注意点も徹底解説!

カップルならば一緒にお風呂に入ることもあるでしょう。お風呂でイチャイチャして、そこからセックスになることもあります。勢いに任せてお風呂セックスを楽しむのも良いですが、お風呂セックスをもっと楽しいものにしてみませんか?今回はお風呂セックスのやり方を解説します。

気持ちいいお風呂セックスのやり方とは?注意点も徹底解説!

お風呂セックスにハマるカップルも多数?

お風呂セックスにハマるカップルも多数?
皆さんはセックスをする時の場所にこだわっていますか?多くのカップルはお家やホテルのベットで行いますが、普段とは違う場所で行う人も多いのではないでしょうか?

例えば、リビングのテーブル・台所・玄関・お風呂場と普段とは違う場所でセックスをするのも刺激があります。その中でもお風呂場でのセックスは人気があり、刺激を求めているカップルにはお勧めです。そんな「お風呂セックス」についてご紹介します。

気持ちいいお風呂セックスのやり方

気持ちいいお風呂セックスのやり方
ただお風呂でセックスするだけでは、場所が違うだけで普段のベッドセックスとあまり変わりません。ベッドとは違う刺激を求めてお風呂場で行うのですから違うやり方を知りたいところです。

いざ初めてのお風呂セックスとなった時にやり方を知らないと何をしていいかわからなく損してしまいます。ではお風呂セックスのやり方は一体どんな事があるでしょうか?まずはお風呂セックスのやり方をいくつかご紹介します。

お風呂セックスのやり方①洗いっこ

お風呂場にあるボディーソープが実はお風呂セックスを楽しむ一つのアイテムになります。ボディーソープを付けて、お互いに身体を洗うように触りあえば普段とは違うヌルっとした感触に興奮する人も多いです。

ボディーソープを付ける事で身体への摩擦も減りますのでスルスルと手を動かしパートナーのアソコをなでるだけでもかなりの刺激があります。やり方は最初は手で身体を洗い、次は自分の身体に泡を付けて抱き着いてみてください。身体全体のヌルヌルした感触が気持ちよく感じます。

お風呂セックスのやり方②ローションプレイ

お風呂セックスでも圧倒的に人気なやり方が、ローションを使ったセックスです。

ローションはベッドで使用してしまうと後片付けが大変ですが、お風呂場で使用すればシャワーで流す事もできるため、お風呂セックスでローションを使う人は多いです。

お互いの身体にローションを付けて擦りあうやり方は洗いっこと同じですが、使用すると温かくなるローションを使えば体温とプラスされて冷え性の人にもおすすめです。また、浴槽のお湯とローションを混ぜて湯船の中でヌルヌルプレイなんてやり方もあります。

お風呂セックスのやり方③ソープごっこ

お風呂セックスのやり方③ソープごっこ
男性はソープに行ってみたいと思ったり、行ったことがあるという人もいるでしょう。そんな男性に彼女が一肌脱いでソープごっこができるのもお風呂セックスの一つのやり方です。お互いに身体を洗うのではなく積極的に女性の方から彼に尽くすやり方が良いでしょう。

そんな尽くしてくれる彼女にメロメロになること間違いなしです。気分が高まってきましたら彼の上に乗っかり本番を楽しみましょう。

お風呂セックスのやり方④シャワー当て

シャワーをクリトリスに当ててオナニーをする女性が増えてきています。それはシャワーの水圧を敏感な部分に当てるとすごく気持ちいいからです。そんなシャワーを利用してお風呂セックスを楽しむやり方はとても簡単です。

やり方はシャワーを敏感な箇所へ順番に当てていくだけです。道具を持っているという事で違う興奮も得られますし、自分ではなく相手にしてもらう事でさらにドキドキします。シャワーヘッドを男性の睾丸にあて、下から水圧を押し上げるように動かすやり方もお勧めです。

お風呂セックスのやり方⑤浴槽内セックス

浴槽内でのセックスのやり方はお湯をたくさん入れない事をお勧めします。たくさん入れてしまうと水圧で動きづらく、体位などセックスのやり方も限られてしまいます。浴槽に座って腰の位置ぐらいが丁度よく、動いた時に水がバシャバシャとはねて気分が盛り上がります。

ぬるくなってきたらお湯を足すなどして調節しながら行うと良いです。また、ここでもローションを使いお湯をヌルヌルにした状態で行えば、身体に触れあった感覚や、触った時の感覚がとても気持ちよくなるので、複数のやり方を応用してみましょう。

お風呂セックスを楽しむ+aグッズ

お風呂セックスを楽しむ+aグッズ
お風呂セックスのやり方がわかったら、もっとお風呂セックスを楽しめるように道具を使いましょう。楽しむ際に使われる道具の代表的なもので「ローション」「バイブ」「ローター」があります。

最近は道具を使ってセックスを楽しむ方も増えてきています。お風呂セックスをする際、エッチなグッズを使えば+αで楽しめます。それが身近にあるものでできるとなればコストを抑えて一石二鳥です。お風呂セックスを楽しむ+αのグッズとは一体何があるでしょうか?

+aグッズ①お風呂マット

お風呂セックスの際に直接床に寝ては床が固く、体も痛いですし怪我もしかねません。お風呂マットを敷けば直接床に当たることもないので安全です。

まずは彼にうつ伏せか仰向けで寝てもらい、ローションやボディーソープをお互いにつけたらスタートです。

彼女が彼の上に乗っかる状態で円を描くように動いてあげます。彼が仰向けの時は自分のお腹を彼のアソコに付けるように円を描きながら動くとより快感です。

ローションやボディーソープのヌルヌルもあり、お互いに気持ちよくなれます。

+aグッズ②入浴剤

身体をまじまじと見られるのが苦手だったり、恥ずかしがりやな女性におすすめです。

乳白色やカラフルな入浴剤を使えば湯船に浸かった時大事なところは見えずらくなります。最近はローション入りの入浴剤もあるので、湯船の中で簡単にヌルヌルプレイもできますし一石二鳥です。

透明なお湯だと全部丸見えで恥ずかしい女性も少し色の入ったものを使うだけで彼とくっついて一緒にお風呂に入る事に抵抗もなくなるのではないでしょうか?そんな面でお風呂セックスで入浴剤を使うのも良いです。

+aグッズ③水着

水着は実はお風呂セックスに使っている人が多いです。海やプールだけに使うのではなく、お風呂セックスでも使ってみましょう。

お湯で濡れた水着が肌に食い込んでいる姿を堪能したり、ポロリしながらのセックスを楽しんだり水着を使ったやり方はいくらでもあります。

お風呂セックスは裸だから良い部分もありますが、裸では味わえない快感がたくさんあります。大事な所が見えそうで見えない水着だからこそ盛り上がります。

+aグッズ④スケベ椅子

スケベ椅子はソープなどに使用されている椅子の真ん中が空いている少し変わったデザインの椅子です。ラブホテルのお風呂場にも置いてあるのでホテルでもスケベ椅子プレイはできます。

やり方としては彼に座ってもらうと腕を通せる隙間ができるのでローションやボディーソープを使ってアソコを擦ったり、マッサーをして刺激を与えます。シャワーヘッドが通るくらいの隙間であればシャワーを使って気持ちよくさせてあげるのも良いです。

こんなお風呂セックスもあり

こんなお風呂セックスもあり
お風呂セックスのやり方を解説してきましたが、カップルそれぞれのオリジナルなやり方を見るけるのも良いです。お風呂セックスのやり方として、ローションやマットなどソープに近いものを紹介しました。

しかし、お風呂セックスでの一番の楽しみは視覚的な楽しみです。濡れている髪、水滴のついた体、浴槽内に見える性器。どれもいつもと違った感覚で興奮します。そこで、視覚的に楽しめるやり方を主に紹介します。

プレイ①服を着たまま

プレイ①服を着たまま
海外映画などでシャワーで服を着たままなんてシーンがよくあります。服を着ているのにセクシーに見えます。女性からすれば全裸よりも抵抗が少ないですし、透けた服からインナーが見える姿も刺激的です。

恥ずかしくないけど興奮できる方法として、服を着用しながらお風呂セックスを楽しんでみてください。

プレイ②水中フェラ

水の中に潜ってフェラをする高度な技ですが、水圧ともともとのフェラの気持ちよさが加わり
男性にとってはとても気持ちいいです。息継ぎがしやすいようにお湯を少なめに張ってチャレンジしてみるのも良いです。

女性からすれば息ができない中でフェラを行うのでとても大変です。決して無理をしないよう注意しながら行ってください。

プレイ③ミラーセックス

お風呂場に全身が見えるくらいの鏡があればミラーセックスが可能です。ただでさえ恥ずかしい状況にプラスしてお互いの姿が鏡越しで見えるので彼がどのように指を動かしているのか、普段見れない乱れている自分たちの姿に興奮してしまうでしょう。

また、鏡が曇って若干モザイクのように見えるのも興奮する要素の一つです。恥ずかしいけど燃えるようなセックスがしたい方にはお勧めです。

お風呂セックスの注意点

お風呂セックスの注意点
楽しいお風呂セックスですがやり方によっては危険もあります。お風呂場の危険を知らずにセックスして、怪我をして病院なんてことになれば楽しいものも楽しくなくなってしまいます。

安全に楽しくお風呂セックスをするには、注意点を踏まえておく必要があります。それではお風呂場に潜む危険とは一体何があるでしょうか?注意点をわきまえて楽しくセックスしましょう。

お風呂セックスの注意点①アソコの洗い過ぎ

お風呂セックスの注意点①アソコの洗い過ぎ
女性器には自浄作用があり、石鹸で洗う必要がなく肌に合わないと肌荒れを起こしてしまします。また洗いすぎる事により女性にある抗体まで流してしまい、膣カンジタなどの病気にもなりやすくなります。洗いっこを行う際は女性器だけを刺激する事は避けましょう。

お風呂セックスの注意点②脱水症状

長時間お風呂場にいる事で、のぼせてしまい脱水症状を起こしてしまいます。浴槽の中長時間つかる上に運動をする事によって貧血を起こしてしまう人もいます。お湯の温度をぬるめにしたり、水分補給ができるように水が入ったペットボトルを準備しておくと良いです。

お風呂セックスの注意点③窓付きお風呂

こちらの注意点としてはお風呂セックスを行っている音が漏れてしまうと言う事です。
大きい窓なら外から見える事もあれば、窓を閉めていたとしてもすべての音を遮断できるわけではありません。近所迷惑にもなりますので注意が必要です。

お風呂セックスの注意点④お湯の熱さ

あまりに熱いお湯で行うと火傷する恐れがあります。長時間の利用は脱水症状・のぼせ・貧血の原因にもなるため、熱いお湯でのお風呂セックスは控えて下さい。35℃~38℃が最適温度ですので温度にも気を付けて安全に行って下さい。

お風呂セックスの注意点⑤滑りやすい床

お風呂場の床はとても滑りやすくなっています。素っ裸で転んでしまうほど危険なことはありません。打ちどころが悪く大変な事になる前に、滑らないバスマットや吸盤付きハンドルなど準備しておくと良いです。

注意を守って楽しくお風呂セックス

注意を守って楽しくお風呂セックス
今回お風呂セックスについてご紹介させていただきましたがいかがでしょうか?最近のセックスに飽きてきたなと感じていましたらお家のお風呂やラブホテルで試してみる事をお勧めします。

道具を使わなくても違った感覚が味わえるなんて得した気分になります。ただ注意点でも述べたように、危険性もあり最悪の場合、大きな怪我につながる恐れもあります。そうならないよう、しっかりと準備をしておく事が大事です。

Related